具体的に伝えることが大事

happy man handsome

転職は新卒の就職活動とは違い、これまでの経験や今の能力を重視されることになります。それはruby関連の仕事で転職を考えている方も例外ではありません。ですが、いくら転職といっても経験や能力だけで判断されるわけではありません。いくらruby関連の仕事の能力が高くても、面接で良い印象を与えることができなければ採用されることはないでしょう。
それだけ重要な面接で必ず最初に聞かれることは志望動機です。どうして、今の会社を辞めてまでこの会社に転職したいのかを聞かれます。この答えによって採用されるか不採用になるかが決まると言っても過言ではないでしょう。
ruby関連の仕事で転職を考えている方の本音を言えば、より高い給料など、今よりも良い条件で働きたいといったことのはずです。ですが、これを正直に言ってしまうのはプラスになりません。例えそれが本音であっても、給料が上がるから、休みが多いからなどと口にしてしまうとマイナスイメージになってしまうんです。会社側からすれば採用をしても、また別の良い条件の場所が見つかれば転職をすると思われてしまうんです。
ruby関連の仕事で転職をされる方は、その会社で何をしたいか、そして自分ならどういったことができるかを伝える必要があります。それが具体的であればあるほど、会社側に良い印象を与えることが出来るはずです。そして、採用に大きく前進をするはずなんです。
ruby関連の仕事で転職をするときは必ず理由を聞かれます。良い印象を与えることが出来るものを用意しておきましょう。